ブスに花束をネタバレ感想第30話!人間磨きで神々しくなる田端さん

Sponsored Link

ブスに花束を。30話の感想です。

皆さん…今月号のブス花読みましたか?
今回は上野君視点でのお話でした。
それでもって色々なことが一気に起こりすぎてついてけない回でした…!!!

そのため書きたいことが上手くまとまらず、今回の感想は苦戦しました。。

早朝の田端さんは大胆

誰もいないと気が大きくなる性格なのか、朝っぱらから教室で一人白雪姫を演じる田端さん。
で、案の定上野君に目撃されます。
1話の髪に花をさす行為よりよっぽど恥ずかしい現場を押さえられてしまいました(^^;
むしろ目撃者が上野君で良かったよ…。

美しすぎる男子たち

上野君の白雪姫は想像通りの可愛さでした。
イケメンでも女装が似合うタイプと似合わないタイプがいますが、上野君は似合うタイプでしたね。

上野君以上に衝撃を受けたのが木村君の魔女!!見事な美魔女に大変身です。
小さいコマでしか描かれてませんでしたが、違和感なしです。
最初誰かわかりませんでした!

さり気に新橋君のおさげの小人も思いの外悪くなかったので、皆可愛く仕上がってました。
大塚さんのメイク術のおかげかしら??

新橋君の意外なブっ込み

劇の休憩時間中に上野君と新橋君は田端さんに遭遇します。
その後、田端さんも良い感じになった(変わった)という話になり例の「人間磨き」の話題へ。

ここで新橋君が「人間磨きはオレがきっかけ」みたいな事を言い出します。
上野君は田端さんの人間磨きは自分しか知らなかったと思い込んでいたので、このブッ込みで心のモヤりはMAXに。。

そんな状況で午後の白雪姫がスタートしたので、劇にまったく集中しておりません。
気になりぎて、演技途中でセリフにない言葉を発してしまいます。
上野君の気持ちはわかりますが…気になりすぎでしょ!!


それにしてもこのイメージは一体( ゚Д゚)

上野君の田端さんに対するイメージがなんか独特です。
田端さんが人間磨きを完了する→眩しくなる(素敵になる)→周囲に田端さんの良さが伝わる→お釈迦様のような神々しい感じ(?)になるという事でしょうか…?
上野君の悩みは真剣なんですがこの神々しい田端さんを見てしまうと上野君の脳内が気になって仕方ありませんでした。

Sponsored Link

森ちゃんの臨機応変さ

上野君が予想外のセリフを発するというアクシデントがあったにもかかわらず、ナレーターを務める森ちゃんはまったく動じずでした。
しかも笑顔でナレーションを続け、最後はちゃんと締めています!
すごいぞ、森ちゃん!!

もっと森ちゃんの出番…増えませんかね?

残酷…

上野君は悪気ないんですが…鶯谷さんになんて残酷な質問をするんだと思いました。
鶯谷さんの気持ちを知っているからこそ見てるこっちまで辛くなってしまいましたよ。。
でも、変な駆け引きなくちゃんと自分の気持を伝えれたのは良かったと思います。

2人のやり取りはなんというか、、急展開すぎて( ゚Д゚)
鶯谷さんもまさかこんな流れで自ら告白するなんて思ってなかったでしょう。

鶯谷さん自身もいつかこうなる事(失恋)を予想していたと思いますが、やっぱり辛いですよね。。
心がすごく傷ついてないか心配です…。

まとめ

次回気になりすぎでしょ!!!
一番驚きなのは上野君がちゃんと自覚したというところでしょうか。
長ーーーい目で見ていたので、思ったより早かったなぁと。。(十分遅いですけど)

このまま勢いで告白しちゃう流れありますかね?!
鶯谷さんの告白が急に来たからそんな展開も考えてしまいます。

告白されたら田端さんは上野君の気持ちを素直に受け取れますかね…?
田端さんはネガティブ喪女なので心配です。

鶯谷さんも…ほんと大丈夫かしら?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 今月はもうすごい展開でしたね。
    上野くんの田端さんイメージは、本人真剣なんでしょうけど読者を笑かしに来てると思いましたよ。

    ほんとにあの質問をうぐちゃんにするとは鬼畜にも程があります。
    森ちゃんいいキャラですよね、もっと出番増えて欲しいなと思います。

    次号で方向性が決まるのかな?楽しみです

    • 7いるかさん

      コメントありがとうございます!

      今月は怒涛の展開でしたねー。
      真剣だからこそあの神っぽい田端さんがちょっと笑えました^^

      あと鶯谷さん…不憫すぎて読んでいて辛かったです。。
      来月の鶯谷さん周りの話も楽しみですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です