ブスに花束をネタバレ感想第42話!彼氏尊い!リア充化した田端さん

Sponsored Link

ブスに花束を。42話の感想です。
ついに田端さんと上野君がお付き合いをスタートさせました!
どんなカップルになるのか想像がつきそうで、つかないという…。二人が幸せ(特に田端さん)かつ面白く過ごせればいいなと思います。

コンディション最悪

昨日の告白、号泣など色々な影響のせいで朝から心身共にコンディションが最悪な田端さん。
まぁそうだろうよ。
一日であれだけのことがあれば人間疲れるさ。
一睡もできなかったっていうのはちょっとわかる。。ドキドキするよね、人間だもの。

彼氏が尊い

朝イチに上野君から「田端に会いたくて」と元気玉級のパワーワードをくらったため、メンタルが宇宙の彼方に放り出されてしまう田端さん。
これは喪女じゃなくても精神が崩壊するパワーワードです。
というか、、上野君の仕草がイチイチ可愛い…!!恋する乙女ならぬ男子でも可愛くなるものなのか。。

そんな可愛い上野君を見て尊すぎて直視できないと心の中で叫ぶ田端さん。。彼氏が尊いとか…最高じゃん!!!
彼氏に「尊い」という感情が沸くって…漫画だけどうらやましいw
私からすれば彼氏(上野君)を尊く感じるあなた(田端さん)も十分可愛くて尊いですよ。なんて近所のおばさんっぽい事を思ってみたりしてます。


危うくブラックホールに飲み込まれそうになる田端さんでした。
間一髪で現実世界に戻ってこれて良かったです。

今月の鶯谷さん

最新の内なる鶯谷さんは田端さんだけではなく上野君も「上野」と呼び捨てにしていました。
どうやら恋の経過報告が一切ない事に少々ご立腹のご様子でした。

そうだ、それでこそ本当の鶯谷さんだ。
私はキャラの徹底管理を怠らない鶯谷さんも好きですが、素の鶯谷さんも大好きです。

田端さんとの関係

一見この2人の関係性は平行線に思えますが、数か月で大きく変化しましたよね。
特に鶯谷さんの心境の変化が大きいかな。

田端さんは未だ「本当の鶯谷さん」を知りませんが、この先2人はもっと仲良くなっていくんだろうなと。
今は一番の友達じゃないけど、今後親友になれそうだと勝手に思ったりしてます。

上野やらかし案件

付き合う事は二人だけの秘密にしたため、鶯谷さんと大塚さんに思わぬ容疑をかけられてしまう上野君。
田端さんの最悪なコンディションを見てしまうと、何かあったのではと巻くぐってしまいますよね。

まぁ確かに「何か」はあったんだけど、良い意味で何かあったので上野君は冤罪なんですけどね…。
上野君も田端さんとの約束を守り、鶯谷&大塚コンビの尋問に何もなかったと答えます。上野君はウソがつけない性格なので、即バレてましたが。。

「絶」の達人・田端

鶯谷さんと大塚さんはあの二人の間に何が起こっているのか調査に乗り出します。
早速、お昼に屋上付近の階段でご飯を食べている田端さんを確保。そして二人の第一声が「なぜそんなところでお昼を…!?」でした。

え!!??
今まで田端さんがお昼をこの場所で食べていた事に気づいてなかったんですか???!!!(しかも春から)と彼女たちに問いたくなる気持ちでいっぱいではありますが、そういえば田端さんは「絶」の使い手だったんだ。
「絶」を駆使し、文化際では裏方の座をGETしたツワモノだったことを忘れてはいけないです。

だから鶯谷さんや大塚さんが冬になるまで気が付かなくても不思議でないんだと。

「絶(ぜつ)」に関してわからない方は「ハンターハンター 絶」で検索してみてください。
きっと世の中の2~3割くらいの人間が使える技です。

ちなみにお昼での尋問は失敗に終わっております。

赤羽君のポジション

赤羽君は今月も登場してくれました。
最後の赤羽君から田端さんへの伝言が気になりますが、きっと他愛もないことだと思います、多分…!

前回出てきた時は田端さんたちの交際がまた延期になる伏線かと思っていたのですが…全然違ってました。
赤羽君はどんな立ち位置になるんだろうか。。
鶯谷さんみたいな愉快なキャラ(?)だったら嬉しいです。

まとめ

今月は上野君が尊いっていうのを再確認した回でした。
でもって鶯谷さんがいい子すぎて…。あんなに好きだった人にフラれたのに、その人の恋愛を心から応援するって器大きさを感じてます。
是非鶯谷さんにも幸せな恋愛をしてらいたい!(もう目前ですけど)
なのでそろそろ鶯谷さん特集の回、期待しております。。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 今月も感想ありがとうございます!
    鶯谷さんにスポットを当てた感想は希少なため(というよりこのブログのおかげで私自身鶯谷さんの魅力に目覚めたんですけど)、嬉しいです。

    その鶯谷先輩…ついに「上野」呼びデビューなさったんですね…さすがです( ´_ゝ`)

    転校生のさーやはもちろん、鶯谷さんもカースト上位勢なので、階段飯という概念自体存在しなかったんでしょうね。お昼といえば、対田端対策でお弁当に誘った初期の鶯谷さんを思いだして彼女の成長にホロリとしました。失恋は人を強く優しくしてくれますね。

    この前の「…田端?」といい、赤羽くんは本当に焦らし上手ですね笑
    今のところ鶯谷さんのような三枚目(?)要素がないので、ただの当てイケメン枠を脱して欲しいな…と今後に期待です。

    • UFOさん
      コメントありがとうございます!

      鶯谷さんはガチの悪質意地悪キャラじゃなくてほんと良かったなと思ってます。
      可愛くて面白キャラにしてくれた作者様に感謝です。

      確かにカースト上位にはボッチ階段飯なんて概念ないですね…!!
      でも私は田端さんの「絶」推しで行こうと思いますw

      あと赤羽君ですよね…当てイケメン枠は確かに勿体ないですね。
      面白ナルシストキャラとかでもいいんで是非とも活躍していただきたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です