コンビニ人間のあらすじのネタバレは?登場人物キャラ紹介と感想まとめ

Sponsored Link

2016年の芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの「コンビニ人間」。
芥川賞を受賞したからというよりアメトーークの読書芸人で紹介されていたのが気になった読んでみることにしました。

「コンビニ人間」のあらすじ

内容紹介 36歳未婚女性、古倉恵子。 大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。 これまで彼氏なし。 オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、 変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。 日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、 清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、 毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。 仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、 完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、 私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。 ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、 そんなコンビニ的生き方は 「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。 現代の実存を問い、 正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

情報源: コンビニ人間 | 村田 沙耶香 |本 | 通販 | Amazon

登場人物

古倉恵子
この物語の主人公。36歳独身。一人暮らし。
大学を卒業してからずっとコンビニで働くバイト店員。
両親と妹がいる。

白羽
古倉のバイト先に入ってきた30代半ばの男性。
いつも不満を口にしている。
ルームシェアをしていたけど、家賃を滞納し住めなくなる。
その後、古倉のアパートへ住みつく。
弟の嫁と仲が悪い。

麻美
恵子の妹。
結婚して子供がいる。
姉をいつも心配していて「病気」が治る事を誰よりも願っている。

泉さん
古倉と同じコンビニで働くバイトリーダー。
37歳主婦。

菅原さん
24歳の女性。
普段はバンドのボーカルをやっている。

8代目のコンビニ店長
30歳男性。
口は悪いが働きもの。

ミホ、ユカリ、サツキ
同窓会で再開を機に仲良くなった地元の友達。
3人とも既婚者。

読んでみた感想

「普通」って何なんでしょうね?
「普通」についてすごく考えてしまいました(^^;)

主人公の恵子はやはり世間で言う「普通の人」ではありません。
人の気持ちがわからない、何にも興味もなく感情もほとんどない。
他人だったら「変わった人ね」とか「こういう人もいるんだね」とかで済みますが身内だったら苦労するんだろうなと思います。
妹の麻美が気の毒でした。
でも、わざとやっているわけではないので責められないですよね…好きなお姉ちゃんなら尚更です。

妹が赤ちゃんをあやしている時にケーキを切ったナイフを見ながら「静かにさせるだけでいいなら簡単なのに」という一文を読んだ時に恐怖を感じました。
それを行動に移したら自分を愛してくれた家族が全員不幸になる事も想像がつかないのです。
自分の兄弟でこういう考えの人間がいたらと思うと…本当に怖いです。

それでもなんとか周りに馴染もうと努力している部分はえらいなと思いました。
自分の考えは変だと認識してから学生時代は周りと問題を起こさないように距離を取っていましたが、コンビニで働くようになってから周りの喋り方や感情に同調したり服装にも気を遣ったりと努力がみられました。
コンビニでバイトといえども働いていますし、何より一人暮らしができているので全てがダメというわけでもないのかなと。

でも周りは恋愛も結婚もしない、正社員でもない恵子には冷ややかです。
本人は特に気にしてませんが周りがそれを許さない。。
今は働き方など多様化になってきましたが、それでも皆の「普通」の基準はさほど変わってないのかもしれませんね。
あぁ、すごくリアルな話だなーと思いながら読みました。

本物のおしゃべりクソ野郎

白羽こそガチのおしゃべりクソ野郎な気がしてなりません。。
口ばかりで自分じゃ何もしないのにプライドは人一倍高い。
常に周りを見下している。

多分、めっちゃ生きづらい人生だと思います。
それを聞いている周りもですが、本人も相当辛いのでは?と思います。
プライドが高いのは自分を正当化するためというか、、周りを見下して自分の居場所を見つけないと生きていけないからかなーと勝手に解釈しています。

そんな白羽も恵子より「普通の人」という印象を受けました。

Sponsored Link

皆の感想








意外と共感できる部分があるという意見が多かったです。
確かに自分も「普通」になろうとする時ってありました。
「普通」が正常だと思い込んでいたので。

まとめ

アメトーークの読書芸人が言っていた通りサラサラ読めて読みやすかったです。
読み終わった後「普通とは」という答えの出ないテーマに悩まされましたが(笑)それでも読んで良かったと思える作品でした!

ラストは自分の居場所を見つた恵子は幸せそうで、ハッピーエンドで終わったのが良かったです。
これで後味悪かったらもっとモヤモヤする日々になってしまっていたと思うので。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link