リプニツカヤ2017年の現在!平昌オリンピックは出場せずに引退?

Sponsored Link

平昌オリンピックまであと半年になりました!
日本以上にオリンピック枠の争いが激戦のロシア女子ですが、ソチオリンピックで大人気となったリプニツカヤ選手の姿をめっきり見なくなりましたね。。

一時は怪我や激太りなどの噂はありましたが、現在の彼女はどうしているのでしょうか?
ソチ五輪後の彼女の活躍がどうだったのか調べてみることにしました。

プロフィール

ユリア・リプニツカヤ
生年月日:1998年6月5日
身長:160 cm
パーソナルベスト
SP:74.54(2014 世界選手権)
FS:141.51(2014 ソチ五輪)
トータルスコア:209.72(2014 欧州選手権)

パーソナルベストを見るとピークはソチ五輪シーズンの2014年。
その後、怪我などがあり本調子が出ないのかもしれません。

ソチオリンピック以降

2014-15シーズン

GPシリーズでフランス杯、中国杯とも2位でGPファイナルへ出場
GPファイナルではショートでは2位発進もフリーの演技が5位に沈みトータルでも5位。
ロシア選手権では総合順位が9位で欧州選手権、世界選手権の切符を逃す。

スタートは調子良かったんですが、3回転ジャンプがなかなか決まらずに苦しんだという印象でした。
昨シーズンではほとんどミスしないイメージだったので好調を維持するって大変なんだな…と改めて感じました。

そういえばこのシーズンは、同じロシアのトゥクタミシェワ選手がトリプルアクセルを決めるなど話題になりましたよね。
世界選、欧州、GPファイナル全てで優勝というとんでもなく絶好調な年でした。

2015-16シーズン

GPシリーズには派遣されるもののアメリカ杯では6位、フランス杯はテロの影響で中止(それでもショートが2位だったので2位扱い)。
GPファイナルは出場できませんでした。
ロシア選手権ショートでは73.77と3位発進といいスタートでしたが、フリーでは10位トータルで7位とこのシーズンでも欧州、世界選手権ともに出場できずに終わりました。
それでもトータルスコアが195.24と高得点なんですけどね…。
ロシア女子がレベル高すぎて、トータルで210とか220とらないと表彰台に乗れないみたいです。。

2015-16シーズンからついにメドベデワ選手がシニアデビュー!
ここから彼女の無双伝説が始まります…!

2016-17シーズン

俗にB級大会と言われるオンドレイネペラトロフィーに出場し銀メダルを獲得!
GPシリーズにも派遣されはしたもののアメリカ杯では怪我が影響し出場辞退。
ロシア杯に出場するも12位と最下位。ショートは69.25といいスコアだっただけに残念すぎます(TT)

ロシア選手権の前に転倒して怪我をしてしまったため出場を断念せざるを得ない状態になってしまった。

あくまでも超個人的な推測ですが、怪我に悩まされて思うような練習ができなかったんじゃないでしょうか?
ショートは踏ん張れるけど、フリーとなると4分という長丁場なので怪我でかなりキツい状態だったのかなと思います。

Sponsored Link

2017-18シーズンは?

彼女のスケーティング技術が落ちているとは思っていないので、やはり怪我の回復次第だと思います。
とは言え、ロシアは選手層が厚すぎるので万全の状態でもオリンピックに出れるかはわかりません。

しかもGPシリーズの派遣選手にリプニツカヤ選手の名前がありませんでした…悲しい。
こうなってくるとロシア選手権、欧州選手権で優勝するかしないとオリンピックに出場は絶望的かもしれませんね。。

他のオリンピック出場候補の選手

エフゲニア・メドベデワ選手
過去の実績から言うと一番代表に近い選手ではあります。
シニアデビューから無双状態の彼女ですが、それでも油断はできないと思います。

エレーナ・ラジオノワ選手
彼女も安定しているので、代表に近い存在。
ですが、昨シーズンではロシア選手権の表彰台を逃し、欧州選手権と世界選手権に3年連続出場ならずでした。

アンナ・ポゴリラヤ選手
彼女もここ数年好調な印象です。
昨シーズンの世界選手権こそ順位はイマイチでしたが、ロシア選手権で激し代表争いを勝ち抜いているのでオリンピック代表は期待できる選手だと思います。

マリア・ソツコワ選手
2016-17シーズンにシニアデビューした超若手選手。
デビュー1年目でGPファイナル出場、世界選手権にも出場して絶好調!
10代半ばというのもかなり有利ですよね。

まだまだ他にも強力な選手はいるので、ロシアでの代表争いはある意味国際大会よりキツイです。

まとめ

リプニツカヤ選手の活躍がまた見たいところではありますが、ロシア女子がハイレベルすぎてちょっと厳しいのではないかというのが本音です。
ソチの金メダリストのソトニコワ選手もGPシリーズには出場しないみたいですし、平昌オリンピックのロシア代表は総入れ替えかもしれませんね。

もし今回のオリンピックシーズンに良い成績が残らないとそのまま引退…もあり得そうですよね。
まだ若いですし、次回も可能性はなくはないですが、平昌の次の北京オリンピックは2022年。
その頃リプニツカヤ選手は23歳になっています。
年齢的には全然問題ないですが、メンタル面や体力、技術を維持し続けるのは素人が思っている大変さより遥か想像を超えるものなんじゃないかと思います。
まぁ、平昌も始まってないのでその後の話はまったく見当つかないですが(^^;

あと半年で2017-18シーズンが始まります。
リプニツカヤ選手好きなんで僅かでも可能性がある限り応援していきます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/8/28 追記

リプニツカヤ選手が引退を発表しました。
摂食障害になり治療に専念するとの事です。

まだ若いですし、とても残念ですが体調第一だと思います。
あのキャンドルスピンの美しさ忘れません。。
お疲れさまでした。

Sponsored Link