浅田真央は優勝できない?2016フィギュア世界選手権の滑走順や表彰台予想!

Sponsored Link

四大陸選手権の次は世界選手権!
四大陸には出場しなかった羽生選手や浅田選手も出場するので今からとても楽しみにしています!!2016年のフィギュア世界選手権は男女共に誰が優勝するのまったくわからないくらいの強豪揃いです。
今回はあと1ヶ月に迫った2016年世界選手権の開催日や滑走順、見所などご紹介したいと思います。

下記クリックで好きな項目に移動

基本情報

【開催日程】
2016年3月28日(月)~4月3日(日)

【日本時間】
2016年3月31日(木)~4月4日(月)

【代表選手】
男子
羽生結弦、宇野昌磨
女子
宮原知子、浅田真央、本郷理華
ペア
須藤澄玲/フランシス・ブードローオデ
アイスダンス
村本哉中/クリス・リード

【開催場】
アメリカ・ボストン「TDガーデン」

【テレビ放送日時】
放送局:フジテレビ

【主な大会日程】
3/31(木) アイスダンスSD 0:00~
男子SP 8:00~
4/1(金) 女子SP 2:15~
アイスダンスFD 9:30~
4/2(土) ペアSP 3:15~
男子FS 8:45~
4/3(日) ペアFS 2:54~
女子FS 9:00~
4/4(月) エキシビション 4:00~
※全て日本時間

放送時間
男子ショートプログラム:3月31日(木)19:00~21:30
女子ショートプログラム:4月1日(金)19:00~21:30
男子フリー:4月2日(土)19:00~21:30
女子フリー:4月3日(日)19:00~21:54
ペア・フリー:4月3日(日)25:30~26:30
エキシビション:4月4日(月)19:00~20:54

滑走順

世界選手権の滑走順(SP)は世界ランキングの順位でグループが決まるので、恐らく日本選手は全員第5グループだと思います。

男子SP
宇野選手は25番滑走、羽生選手は29番滑走になりました。
二人とも最終(第5)グループです。

女子SP
浅田選手は30番滑走で第6グループ、宮原選手は36番滑走、本郷選手は35番滑走になりました。
2人は第7グループです。

気になる優勝争い

Sponsored Link


【女子】
個人的には浅田選手に優勝してもらいたいところですが、休養明けやGPファイナルからの調子を見るとちょっと難しいかも。。と思ってしまいます。
GPファイナル、四大陸、欧州選手権の結果を見るとやはり優勝候補は宮原知子選手、エフゲニア・メドベデワ選手辺りでしょうか。
ロシア勢は全員が優勝候補、アメリカ勢だったらアシュリー・ワグナー選手かグレイシー・ゴールド選手が固いかと…。

表彰台を予想
1位:宮原知子選手
2位:エフゲニア・メドベデワ選手
3位:エレーナ・ラジオノワ選手

今の宮原選手は自信に満ち溢れている!!
自己ベストもどんどん更新しているので、優勝の可能性は多いにあります!
(前回の四大陸でも自己ベストを更新しています)
メドベデア選手のGOE爆盛りが気になるところですが、宮原選手なら金メダルを取ると信じてこの順位にしました。
3位はアメリカのグレイシー・ゴールド選手と悩みましたが、勢いに乗ってるのはラジオノワセ選手かなと思いこの順位で予想してみました。

自分の願望を込めた予想
1位:浅田真央選手
2位:宮原知子選手
3位:アシュリー・ワグナー選手

浅田選手には金メダルを獲ってもらいたいので、この順位です(^^;
引退説も出ているので、もしかしたら最後の大会になってしまうかもと思うと優勝してほしいです。
(本当は順位なんか気にせずに伸び伸び滑ってほしいですけどね。)
SP、FS共に最初の3Aが決まれば優勝の可能性は出てくると思います!

3位にワグナー選手を置いたのは、表彰台に乗る実力があるのに未だに乗れてないからです。
個人的には彼女の演技好きなんですけどね。
過去の成績は4位→5位→7位→5位なのでそろそろメダル獲ってもいいと思います。

【男子】
男子は羽生選手の優勝が一番可能性高いと思います!フィギュアをあまり知らない人でもそう思うくらい今シーズンの羽生選手は”完璧”です。
と言っても、他の国のライバルも強いので確実とは言い切れないです。

表彰台を予想
1位:羽生結弦選手
2位:ハビエル・フェルナンデス選手
3位:金博洋選手選手

3選手とも好調なので誰が優勝してもおかしくありません。
以前金博洋選手のジャンプについて記事を書きましたが、彼には羽生選手でもできない4Lz-3Tという大技があるので日本にとっては強力なライバルです。

自分の願望を込めた予想
1位:羽生結弦選手
2位:パトリック・チャン選手
3位:宇野昌磨選手

1位は変わらず羽生選手。
2位はチャン選手にしました。
休養明けとは言え、あの四大陸の演技を見てしまうと世界選手権も期待してしまいます。

宇野選手も表彰台を狙える位置にはいると思います。
四大陸の演技構成点では金博洋選手選手より上の評価を貰っていたので、4回転次第ではありますが全て決まれば表彰台に乗れると信じています!

まとめ

男子は羽生選手、フェルナンデス選手、チャン選手に対抗するくらいの力をつけた中国勢がどこまで優勝争いに絡んでくるかが見所です。
女子は日本VSアメリカVSロシアの3カ国の優勝争いですね!

優勝争いも見所ですが、やはり一番の見所は出場する選手たちの美しい演技だと思います。
全体の流れや構成、指先まで演技をしている完成度の高いスケートが見たくていつもテレビをつけています。
日本選手に金メダルを獲ってもらいたいですが、正直良い演技をした人なら日本選手じゃなくてもいいと思っています。
なので、審査員の方にはくれぐれも公正な採点をお願いしたいところなんですが…その辺はあまり期待できませんね。。

Sponsored Link

Sponsored Link