トリプルアクセルを跳ぶ紀平梨花は天才?プレッシャーに強くなれるのか?

Sponsored Link

フィギュアスケートの紀平梨花選手がトリプルアクセル、トリプルトゥーループの連続ジャンプを何度も決めた、天才現る!というニュースを目にしました。

ジュニア選手では本田真凛選手なんかも天才と注目されていますよね。
女子も男子同様どんどん新たな良い選手は出てきているものの未だに浅田選手を超えるスター選手は現れていません。
実力だけ見たら宮原選手や本郷選手も十分に素晴らしい選手ですが、やはりトータル的に見ると浅田選手の方が上かな…と思ってしまいます。

今回は女子フィギュアの期待の新人、紀平選手がどんな選手なのか調べてみました。

【プロフィール】


紀平梨花(きひらりか)
生年月日:2002年7月21日
出身:兵庫県西宮市
身長:149cm
所属:大阪スケート倶楽部

【2015年の成績】
全日本ノービス選手権 優勝
全日本ジュニア選手権 11位

今後は代表選手格になる?

気が早すぎますが、注目されるとどうしても次世代を代表する選手になれるのでは?と期待してしまいます(^^;
フィギュアはジャンプだけ跳べればいいという競技ではないし、まだ若いので今はなんとも言えない部分もありますが3A-3Tはとても強い武器になると思います!

紀平選手は3Lz-3Tのコンビネーションも跳べるので3Aの完成度が上がればジャンプに関しては他の選手より頭一つ抜けるかもしれませんね!

それにしても、今の若手女子選手は3Lz-3Tの難しいジャンプを跳ぶのが当たり前なんですね…恐ろしい。。


紀平選手のSP動画を発見しました。
このプログラムで3Aは跳んでいませんが、素晴らしい演技です。

体型変化後に注目

女子選手は体型維持がとても大変だと思います。
ジュニアの頃は天才と言われていても、シニアに上がったらまったく成績が伸びなくなる選手もたくさんいます。
ジュニア時代に跳べていたジャンプが急に跳べなくなるという事もざらにあるそうです。
紀平選手も今は3A-3Tという超難度のコンビネーションジャンプが跳べていても数年後にはどうなっているかわかりません。

体型変化を乗り越えて3Aを跳べるなら伊藤みどりさんや浅田選手のような逸材になるかもしれませんね。

Sponsored Link

ポスト浅田真央?

この言葉は他の選手でもよく使われる言葉ですよね。。
村上選手が世界ジュニアで金メダルを獲った時もポスト浅田真央でしたし、去年だと本田選手が注目された時もポスト浅田真央でした。
ジュニア時代にいくら活躍しても、シニアになるとわからない…3Aが跳べる紀平選手もポスト浅田真央と言われそうですが、まだ「ポスト浅田真央」というのはまだ判断つきません。
でも、紀平選手がすごい選手だという事は確かです!!

まとめ

以前、テレビで明石家さんまさんが浅田選手に対して「国民の期待を背負いすぎ」というコメントをしていました。
確かに…でも背負いすぎちゃう性格なんでしょうね。。
テレビを見ているとちょっと浅田選手が気の毒に思える事もあります。

金メダルを獲れないと羽生選手のようにメンタルを強くしろとかメンタルコーチをつけろとかよく書いてありますが…そんな簡単になんとかできる事ではないのでは?と思います。
実際浅田選手を始め、アスリートの方々がどのような練習をしたりメンタルの調整をしているのかわかりませんが一般人には知りえないほどのプレッシャーと戦っているのではないかと思います。(あくまでも個人的な予測ですが…)

紀平選手も公式試合でトリプルアクセルを成功し続ければ浅田選手のように注目されて常に金メダルを期待される存在になるのかな…それが本人にとって良いか悪いかわかりませんが、期待を背負いすぎず試合を楽しめる選手になってほしいです。
フィギュアスケートの一ファンとして応援しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link