本田真凛は平昌オリンピック代表になるのは無理なのか?予想してみました

Sponsored Link

昨年、一昨年あたりから一気に注目の的となった本田真凛選手!
可愛いルックスとその実力でシニアデビュー間もないのにすでに人気選手です。

兄妹揃ってフィギュア選手だし、さらに妹は女優だし、祖父は年商20億の会社経営しているしで、エピソードてんこ盛りすぎる選手としても有名ですよね。

何かと注目される本田選手ですが、彼女の実力は実際のところどうなんでしょうか?
今回は本田選手がオリンピックに出れるのか予想してみました。

※予想はあくまでも超個人的な意見です。

基本データ

Turandot

本田真凜 Marin Hondaさん(@marin_honda)がシェアした投稿 –



本田真凛
生年月日:2001年8月21日
出生地:京都府京都市
身長:162cm

意外と身長高いですね!もっと小柄な選手かと思ってました。

パーソナルベスト

トータル:201.61(2017年:世界Jr.選手権)
ショートプログラム:68.35(2017年:世界Jr.選手権)
フリースケーティング:133.26(2017年:世界Jr.選手権)

国際公式戦のパーソナルベストは高得点!
世界Jrでは2016年に優勝、2017年は2位と好成績。
素晴らしい!!

ジャパンオープンでの演技

ちょっとミスはありましたが転倒もなかったですし、良かったです!!
3F-3Tのコンビネーションもキレイでした^^

単体で見れば良かったと思いますが、順位は6人中5位。

三原選手とは点差は14.42。
フリーだけで10点以上も差がついています。

この差を全日本までにどれだけ縮めていけるかですね。
本田選手がミスなく演技できれば差はかなり縮んで接戦になると思いますが、ノーミス前提でさらに精度を上げての話です。

困難なのは承知ですが、それでも宮原・三原・樋口3選手と戦おうと思ったらこれくらいはしないと厳しいと思います。

オリンピックの2枠に入れるのか?

現在の彼女の世界ランキングは18位。
可能性はもちろんあると思いますが…去年の成績や実力を考えると宮原選手、三原選手、樋口選手の3選手による枠争いになるのでは?
という考えの人が多いかと思います。
すみません、私もそうじゃないかと思ってました(^^;

上位3選手+本田選手、あと可能性があるのは本郷選手、白岩選手辺りでしょうか?

本田選手は表現力がスゴイ!という記事を読んだ事がありますが、素人にはその辺よくわかりませんでした。。
代表争い対策として3-3コンビネーションジャンプを3F-3Tから3Lz-3Loにするなんて噂もありますが…急にジャンプの難易度を上げて大丈夫なんでしょうか?

宮原選手は今までの実績でほぼ確な感じもしますが、昨シーズンの怪我の状態が気になります。
どんな選手でも昨シーズン好調でも今シーズンはわかりません。

オリンピック選考の方法

ここで選考基準をおさらいします。

代表一人目:全日本選手権優勝者
代表二人目:全日本選手権の2位or3位+GPファイナルの成績上位者2人から選考

全日本で優勝すれば代表内定!
本田選手が全日本で優勝すれば文句なしに代表です。

Sponsored Link

日本選手の世界ランキング

宮原選手:5位
本郷選手:9位
三原選手:13位
樋口選手:14位
本田選手:18位

1位はロシアのメドベデワ選手、2位はカナダのオズモンド選手、3位はロシアのポゴリラヤ選手でした。

まとめ

現段階ではちょっと厳しいかな…というのが個人的な見解です。
技術的な面以上に3枠が2枠になったのがかなり響いていると思います。

あと…マスコミの異様な本田選手贔屓の記事が多発しているのはなぜでしょうか?
可愛いからなのか、事務所の力なのか、アクセス数が伸びるからなのか、それとも…。
実績がある選手よりも取り上げられているので、どうしても裏事情を考えてしまいます(^^;

ただあの過剰報道のせいで本田選手のアンチも増えてきている気がします。
この部分はちょっと可哀想だなと思って見ています。。
人気だから代表になるとか不正がない限りあり得ませんからね。

今は過大評価されている感がありますが、代表争いはこれからです。
本田選手ももちろん、他の選手も応援していきたいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link