家売るオンナ第3話ネタバレ感想!ゲスト出演した中野裕太の現在は?

Sponsored Link

家売るオンナの第3話の感想です。
今回の話はミニマリスト男と片付けられない女に家を売るストーリーでした。

3話の内容は以下の通り。

万智(北川景子)の活躍により、課全体の売り上げが上がったテーコー不動産新宿営業所。課長の屋代(仲村トオル)は現地販売を企画し、課を活気づけようと張り切る。一方万智は、歯科衛生士の女性・夏木桜(はいだしょうこ)から住んでいるマンションを売りたいと相談を受ける。しかし、査定のために訪れた桜の部屋は物が溢れかえりゴミ屋敷のような状態。万智はそんな桜の部屋で1枚の写真を見つける。時を同じくして一軒家を売って住み替えたいという保坂博人(中野裕太)からも相談を受けた万智。同行した庭野(工藤阿須加)は保坂の家を訪れ驚愕する。保坂は家具はおろか生活用品も最小限しか持たない、極度の「ミニマリスト」だった。万智はある考えのもと、保坂に桜の部屋を薦める。内見で売り手と買い手として顔を合わせた桜と保坂は呆然。なんと2人は元恋人だったのだ。久々の再会で再び恋の炎が燃え上がり、保坂は桜のマンションを買うと言う。しかし、生活スタイルがあまりに違う2人は再び破局。保坂は桜のマンションを買うのをやめるが、万智は「2人は再びくっついてわたしから家を買う」と庭野に予言する。果たして万智の作戦とは…!?

情報源: ストーリー|家売るオンナ|日本テレビ


宅間と白洲美加に恋の予感?

Sponsored Link

3話では初めて二人がしゃべるシーンがありました。
宅間の方は美加に興味があるのか、なぐさめたりしてちょっと好意的。
もしかしたら最終的に二人はくっつくのでは?と思わせるような二人のやり取りでした。
ただ、美加は今のところイケメンの足立以外は眼中になさそうです。

「ウソです」はもしや…

宅間と美加の会話で気になった美加の「ウソです」というフレーズ。
もしやこれはイッテQに出演した森山あすかのギャグ「ウッソでーす!」ではないかΣ(゚Д゚)
イッテQの出演メンバーの中でも「ウッソでーす!」が流行中。
同じ日テレだし、イモトだし、、で森山あすかのギャグを意識したものなんじゃないかと勝手に思ってます。
ドラマの中では2回も言ってたのでかなり引っかかりました。。

久しぶりに見た中野裕太

めちゃくちゃ久しぶりにテレビで中野裕太さんを見ました。
昔に比べて少し痩せたのかな?以前バラエティで活躍していた頃の面影はなくなんだか勢いがなくなってしまったようにも思えました。
(年齢的に落ち着いただけかもしれません)

中野裕太さんについて少し検索をしてみたところ、虚言壁があるので干されたという記事がたくさん出てきました。
確かにバラエティ番組に出ていた頃は自分に相当自信があったのか結構なビッグマウスだったような(^^;
当時、彼が語っていた天才エピソードは嘘なのでは?という疑問を持つ声もたくさんありましたよね。
テレビのキャラかもしれませんが、かなり変わり者という印象でした。

消えた訳ではなく、単純に俳優業に専念するようになってバラエティに出なくなっただけかもしれませんが…真相はわかりません。

屋代は万智が気になる?

3話では急に万智っぽくなる課長。
あれだけコンプライアンスを気にしていたのに、万智のように美加に厳しい事を言うようになってきました。
万智に対して一番愚痴っていたのに、社内で一番影響を受けています。
やり方は強引ですが、営業所の売り上げにとっても貢献しているのでそれなりに認めているのかもしれませんね。

まとめ

4話は万智がお見合い料理教室に参加したり、屋代課長にキスされたり、ホームレスでしたと言ったり気になる事だらけです!!
今後は万智と庭野と屋代課長の三角関係になりそうですね。

料理教室へ参加する経緯ですが、万智も家庭を持ちたいという理由で参加するそうですが…無表情でロボットのように料理をしていたのは少し怖かったです。。
次回は万智の人間らしい部分が見れそーな、見れなさそーなストーリーになりそうです(^^;

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link