家売るオンナ5話ネタバレ感想!足立王子にスポットライトがあたり始めた?

Sponsored Link

家売るオンナ第5話で気になるポイントと感想をまとめました。

ieuru05

庭野(工藤阿須加)は勝ち気なフリージャーナリストの独身女性・日向詩文(ともさかりえ)を担当。一方万智(北川景子)は出版社の校閲部で働く地味な独身OL・草壁歩子(山田真歩)を担当する。女単(=女性単身客)の相次ぐ来店に「まだ若いのに何が悲しくて一人で家を買うのか」と噂する営業課メンバーたちを、万智は「独身者を結婚というゴールに向かう道半ばの中途半端な人間だとするのは間違っている!」と一蹴。その頃庭野は、万智そっくりの強気な詩文に振り回され、家探しは難航する。詩文がようやく気に入った物件は、万智の客・歩子が申し込みを進めようとしていた物件で…。しかも2人は同じ会社に務めており、犬猿の仲だと発覚。タイプの違う独身女2人が同じ部屋を巡って対立する!万智に仕切られっぱなしの庭野は、万智に勝ちたいと立ち上がり、詩文と歩子2人に自分が家を売ろうと決意するが…。果たして、独身女の家探しに出口は見えるのか!?

情報源: ストーリー|家売るオンナ|日本テレビ

Sponsored Link


アリとキリギリスの話で家を売る

アリにはアリの素晴らしさ、キリギリスにはキリギリスの素晴らしさがある。
以前から万智が言っている事ですが物事を自分の狭い価値観で判断しない、世間の偏見でものを言わないなど毎回ハッとさせられる事が多いです。




色々考えさせられる人もいるみたいです。
世の中の常識が正解じゃないですからねー、、人それぞれです。

周囲に感謝の気持ちを持つ

ともさかりえさん演じるフリージャーナリストの日向詩文は校閲の人間をかなり嫌っているのか、「校閲は人が命がけで書いた記事の粗探しをする嫌な仕事」みたいな事を言っていました。
もちろんドラマなんでそんなに気にする必要もないとは思いますが…聞いててちょっとイラッとしました(^-^;
いかにも自分の仕事の方がすごいと言わんばかりだったので嫌な人だなーと思いながら見てました。(ドラマだけど)
でも実際にこういう人って結構いますよね。
自分の仕事にプライドを持ってやっているのはいいと思いますが、他人の仕事内容にケチつけちゃダメですよね。。

周りに心を開き始めた?

雨宿り中に万智が庭野に自分の過去を話していました。
高校生の時に両親を亡くし、親の莫大な借金を抱えながら生きてきた…両親が死んでからはずっと一人。。

悲しい( ;∀;)
庭野が遺産相続を放棄すればよかったのにと言ってましたが、万智の言う通り高校生が遺産を放棄できるとか知らないですよね。
1週間だけだったけど、ホームレス生活をするなんて過酷な過去です。

白洲美加に変化なし

5話も安定の白洲美加でした(笑)
ポスティングするチラシを平気で捨てるし、いつものカフェでサボるし、勤務中に映画見ちゃうしで…最終回までに変わるのだろうか…むしろいっそそのままでいてくれてもいいかもと思いはじめています。

足立への恋が加速
まったく脈がないのによくあれだけメールが送れるなと…寧ろ尊敬してます。
送っても一切返信がなかったら心折れると思いますが(^^;
ハートは人一倍強いみたいですね、、そのハートの強さは羨ましいです。

ようやく足立にスポットライトがあたる?

よーやくイケメンの足立王子にスポットライトが!!!
前半は万智、屋代課長、庭野、美加以外はイマイチ目立たない存在でしたが、6話では足立が活躍するかも!
今まで営業一位の座を万智に奪われても全然平気と余裕ぶっていたけど、やっぱり悔しかったのか…。
そりゃ悔しくないはずないですよ!それでこそ営業だと思います!

来週も黒い足立を期待しています。

まとめ

話が進むにつれ万智には幸せになってほしいと思うようになってきました。
10代、20代の楽しい時期に辛い日々を送っていたのでこれからは幸せな家庭を築いてもらいたいです。
コメディドラマなんで、最後は後味悪くならないラストでお願いしたい!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link