優勝はジョコビッチ?リオ五輪の男子テニスの日程と注目選手!

Sponsored Link

今回はリオオリンピックでメダルの期待ができる男子テニスの日程について調べてみました。
それに併せ、海外の注目選手も一緒に調べてみました。
日本で男子テニス選手といえば錦織 圭選手!(もしくは松岡修造さん!!)

錦織選手の活躍で日本テニスはすごく盛り上がってきていると思います。

錦織 圭選手のプロフィール



生年月日:1989年12月29日
身長:178cm
体重:75kg
出身地:島根県
世界ランキング:6位(2016.6現在)
最高ランキング:4位

世界ランキングTOP10で日本人(アジア人)で唯一ランクインしています。
錦織選手が現れる前の日本人最高順位記録は松岡修造さんの46位。

4大大会の最高成績

全豪 ベスト8(2012/2015/2016)
全仏(2015) ベスト8
全英(2014) 4回戦
全米(2014) 準優勝

オリンピックの成績

2008年の北京では1回戦敗退、2012年のロンドンではベスト8と成績は上がってきています。
近年の記録から言っても十分メダルの可能性はあると思います!!
もし錦織選手がメダルを獲得すれば日本では96年ぶりのメダルになります!

私の予想は期待を込めて銀メダル!!(だったらいいな)

男子シングルの日程

Sponsored Link


1回戦 2016年8月6日、7日
2回戦 2016年8月8日、9日
3回戦 2016年8月10日
準々決勝 2016年8月11日
準決勝 2016年8月12日
決勝 2016年8月14日

有名なライバル選手たち

男子テニス界の「BIG4」をご紹介します。
もちろん全員が金メダル候補です。

ロジャー・フェデラー



国籍:スイス
生年月日:1981年8月8日
身長:185cm
体重:85kg
世界ランキング:3位
【オリンピックの成績】
2000年 シドニー:4位
2004年 アテネ:2回戦
2008年 北京:ベスト8
2012年 ロンドン:銀メダル
グランドスラム17勝というとんでもない記録の持ち主です。
もちろん優勝回数は1位。
オリンピックも5回目。5回もまず出れないですからね。
2004年~2007年まで世界ランキングが連続1位!!!の最強プレーヤー。

【追記】
フェデラー選手は今回のオリンピックは欠場する事になりました。
残念です。
世界ランキングのTOP10のうちフェデラー選手を含む5選手が欠場するそうです…。

アンディ・マレー



国籍:スコットランド
生年月日:1987年5月15日
身長:190cm
体重:84kg
世界ランキング:2位
【オリンピックの成績】
2008年 北京:1回戦
2012年 ロンドン:金メダル
前回のオリンピックで金メダルを獲得!!
地元開催で金メダルは104年ぶり。
今年の全豪、全仏共に準優勝。全仏は意外にも初の決勝進出だったみたいです。

ラファエル・ナダル



国籍:スペイン
生年月日:1986年6月3日
身長:185cm
体重:85kg
世界ランキング:4位
【オリンピックの成績】
2008年 北京:金メダル
2012年 ロンドン:不参加
テニス4大大会での優勝回数は14回でフェデラーに続き2位。
キャリア・グランドスラムを達成する。
ナダル選手もオリンピックで金メダル獲得してます。

過去には2008年、2010年、2013年に世界ランキングが1位になっています。
2005年からはずーっと5位以内をキープ。

ノバク・ジョコビッチ



国籍:セルビア
生年月日:1987年5月22日
身長:188cm
体重:78kg
世界ランキング:1位
【オリンピックの成績】
2008年 北京:銅メダル
2012年 ロンドン:4位
現在世界ランキング1位の最強選手。最強選手だらけです。
男子の賞金ランクで獲得賞金がひとりだけダントツです!!
その額800万ドル。

世界ランキングは2007年から3位以内をキープ中。

まとめ

紹介したBIG4の成績がすごすぎて…それでも錦織選手だったらメダル獲れるそうじゃない?なんて期待している人も結構いると思います!

やはり今までが日本人では快挙と言われる成績ばかりなので、否が応でも期待しちゃいますよね(^^;

メダルも大事ですが、悔いの残らない試合になるように応援しています!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link